EMAモバイルコンテンツ審査・運用監視機構
HOME > プレスリリース

プレスリリース

コミュニティサイト運用管理体制認定制度への申請における
必要条件について

2009年3月31日
一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構
一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(以下「EMA」)では、青少年の保護と健全な育成を目的とし、モバイルインターネットのコミュニティサイトを対象とした「コミュニティサイト運用管理体制認定制度*1(以下「本認定制度」)」を実施しております。
この度、本認定制度への申請に当たりコミュニティサイトの運用実績に関する必要条件について下記のとおり発表いたします。

本認定制度への申請時点において以下1、2のうち何れかの条件を満たしている場合、申請が可能です。
  1. コミュニティサイトのサービス提供開始後、3ヶ月間以上の運用実績がある場合
  2. コミュニティサイトのサービス運用実績有無に関わらず、ユーザーからの全投稿を厳密且つ単一の手法で有人目視監視を行う「ユーザー投稿全件目視監視型申請プラン*2」で申請する場合
これからコミュニティサイトのサービス提供を予定している新規サイト、又は現在サービスを提供中であっても運用実績が3ヶ月に満たないコミュニティサイトにつきましては、3ヵ月以上の運用実績を以って申請をお願いしております(上記 (2)の場合を除く)。

本認定制度の申請に関する詳細は以下をご参照ください。
http://www.ema.or.jp/certification/

*1 コミュニティサイト運用管理体制認定制度
ユーザー投稿等により形成されるコミュニティサイトの健全な利用環境が整備・維持されることを目的とした認定制度です。EMAが策定した認定基準「コミュニティサイト運用管理体制認定基準(以下「本認定基準」)」*3をもとに審査を行い、本認定基準に適合したコミュニティサイトに対して認定を付与します。認定後は本認定基準に適合した運用管理体制が維持されているか確認するため、認定サイトに対して定期的、継続的な監視を実施します。また、一般ユーザー等から認定サイトへのクレーム・問合せ・意見等を受付け、運用監視に活かすとともに本認定基準への反映も適宜行います。

*2 ユーザー投稿全件目視監視型申請プラン
コミュニティサイト運用管理体制認定基準に基づき、ユーザーからのすべての投稿を、厳密且つ単一の手法で有人目視監視する事業者を対象としたプランです。投稿数や会員数の増減に関わらず運営方針として全件目視監視を継続する事が条件となります。
全件目視監視型サイトとして認定を受けた後に、ユーザーからの投稿を全件目視監視する監視方法を変更もしくは終了する場合には、認定解除となります。継続して認定を希望される場合には、改めて全件目視監視型ではないタイプの審査申請が必要となります。実際に審査を行う段階で全件目視監視型に該当しない事が判明した場合には、通常の申請プランに変更となります。

*3「コミュニティサイト運用管理体制認定基準」については以下をご参照ください。
http://www.ema.or.jp/dl/communitykijun.pdf

EMAは、本認定制度や啓発・教育などの活動を通じ、モバイルインターネットの利用環境において青少年保護と健全な育成を実現するセーフティネットの整備を推進してまいります。
PDF本プレスリリース PDFファイル形式 (11KB)
EMA 策定基準
認定制度・申請書類
認定情報
啓発・教育プログラム
会員お申込み
会員サイト
関連リンク
個人情報保護方針