EMAモバイルコンテンツ審査・運用監視機構
HOME > 事務局通信 > 2010年度事務局通信

EMA事務局通信190

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EMA事務局通信190                    2010/12/06

  ■□ 【コラム第2回】

                「13歳少女と危険な写真メール」 

     一橋大学法科大学院教授/EMA理事 ジョン・ミドルトン   
                                                         □■          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会員及び関係者各位

いつもお世話になっております。
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)事務局です。
平素は当機構の活動にご協力いただき誠にありがとうございます。

「青少年のインターネット利用」をテーマとしたコラム第2回は、
一橋大学法科大学院教授/EMA理事 ジョン・ミドルトン先生の
「13歳少女と危険な写真メール」です。

オーストラリアで現在も係争中の「sexting」に関する事例につい
てです。

----------------------------------------------------------------
 ◆◇◆
          【コラム】「13歳少女と危険な写真メール」 
                                                        ◆◇◆
----------------------------------------------------------------	

 一橋大学法科大学院教授/EMA理事
 ジョン・ミドルトン


携帯電話で自分の裸の写真を撮って恋人等に送信すること(sexting)
が「すでに日常的社交の一部となっている」といわれるほど流行し
ている中で、オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州最高
裁判所刑事控訴院は、今年10月に、この種の事件について初めて判
決を言い渡した。

2008年3月、当時18歳だった青年が、メール交換の一環として、ア
ルバイト先のファーストフード店から13歳の女友達に自分の上半身
の写真を送り、相手の写真(「よかったら下半身ものでも」)を求
めた。少女は、同様のものを送ってくれる約束を得た上で、自分の
全身写真を送ることでその依頼に応じた。その後少女のメールをチ
ェックした父親が、警察に通報し、青年は、16歳未満の者によるわ
いせつ行為の教唆および児童ポルノ所持で起訴された。ちなみに、
同州では、前者の犯罪で有罪とされた者は2年以下の懲役に処され
ることになっている。

第一審では、地区裁判所の判事は、当該写真がわいせつに当たるも
のではなく、裁判所がそのメール交換の背景を考慮に入れることが
できず、さらにその関係が肉体関係まで至らなかったことから、青
年に対して無罪判決を言い渡した。これに対し、訴追者側は、わい
せつ行為の教唆の部分について控訴し、勝訴したので、青年は、刑
事控訴裁判所へ上訴した。同裁判所は、地区裁判所の判事が当該テ
キストメッセージの性的性質、被告人の動機、および当事者の年齢
差を考慮に入れるべきだったとして、再審理のために本件を地区裁
判所に差し戻した。その結果はまだ出ていないが、公衆の注目を集
めるであろう。

このような事件の被害者は、いじめを受けたり、精神病にかかった
りするだけでなく、その加害者とされた被告人も、その名前が「性
犯罪者登録」に記載されると、就職や外国のビザ申請が難しくなる
ほか、事前に警察に知らせることなく引っ越したり、髪を染めたり
することができなくなる。

このような社会問題の解決策として、連邦警察とマイクロソフト・
オーストラリアは、ThinkUKnowという組織を設立し、教育活動に力
を入れている。そのすぐれた教材の一部は、
www.thinkuknow.org.au/site/megansstory.aspで視聴できる。

[参考文献]
www.theage.com.au/technology/technology-news/prosecutor-
pursues-first-sexting-conviction-in-case-involving-naked-
13yearold-20101031-178xv.html

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
【ジョン・ミドルトン (John Middleton) プロフィール】
モナシュ大学文学部優等卒業課程(日本語・日本学専攻)・法学部
卒業、大阪外国語大学留学生別科卒業、一橋大学大学院法学研究科
修士課程修了。一橋大学博士(法学)。オーストラリア・ヴィクト
リア州最高裁判所弁護士、総務省情報通信政策研究所特別上級研究
員。一橋大学助手、専任講師、助教授を経て現職。専門は比較メデ
ィア法。代表的著作は『報道被害者の法的・倫理的救済論 ― 誤報
・虚報へのイギリス・オーストラリアの対応を中心として』(有斐
閣、2010年)。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【コラムについて】
「青少年のインターネット利用」をテーマに、1か月に1〜2回配信
していまいります。EMA事務局通信をご購読いただいている皆様と
広範且つ深い知識・情報を共有することにより、さまざまな角度
から「青少年のインターネット利用」について考えていきたいと
思っております。

コラムへのご意見・ご感想・ご要望等ございましたら、ぜひとも
EMA事務局までメールにてお寄せください。

      宛先:EMA事務局
      メールアドレス:jmk@ema.or.jp

どうぞよろしくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発信元/一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)

    〒106-0031 東京都港区西麻布1-4-38 千歳ビル3階
                http://www.ema.or.jp/
                http://www.ema.or.jp/m/(携帯サイト)

◆事務局通信の登録及び解除は下記Webサイトからお願いします。
  https://www.ema.or.jp/news/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

EMA 策定基準
認定制度・申請書類
認定情報
啓発・教育プログラム
会員お申込み
会員サイト
関連リンク
個人情報保護方針