EMAモバイルコンテンツ審査・運用監視機構
HOME > 事務局通信 > 2010年度事務局通信

EMA事務局通信184

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EMA事務局通信184                    2010/11/09

 ■□  【新企画!コラムスタート】
       
   「インターネットで青少年のこころは救われるか?」 □■          

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会員及び関係者各位

いつもお世話になっております。
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)事務局です。
平素は当機構の活動にご協力いただき誠にありがとうございます。

さて、新企画のコラムがスタートしました。
第1号はお茶の水女子大学人間発達教育研究センター・特任アソ
シエイトフェロー、そしてEMA基準策定委員 猪股富美子先生の
「インターネットで青少年のこころは救われるか?」です。

----------------------------------------------------------------
 ◆◇◆
       【コラム】
       「インターネットで青少年のこころは救われるか?」 
                                                        ◆◇◆
----------------------------------------------------------------	

 お茶の水女子大学 人間発達教育研究センター
 特任アソシエイトフェロー/
 EMA 基準策定委員
 猪股 富美子


「東京こどもネット・ケータイヘルプデスク(こたエール)」の
21年度(H21.7.8〜H22.3.31)相談実績が6月に公表された。相談内
容で最も多いのは「架空請求(33%)」、中学生の相談の半数以上、
高校生の相談の7割近くがケータイに起因するもの等、その結果は
いずれも興味深いものだったが、約4人に1人が、電話相談ではなく、
PCや携帯電話によるインターネット相談を利用している点が強く印
象に残った。
 
インターネットに限らず、青少年のあらゆる悩みや相談を受け付
ける行政の窓口(青少年相談センター、青少年育成センター等)で
は、今や、積極的にオンライン相談を取り入れつつある。精神的、
心理的な問題へのサービスをインターネットに求める「eヘルス」
への需要は年々高まっており、特に青少年を対象とするオンライン
セラピーやオンライン・グループのサイトが急速に増えている。

そもそも、こころの問題はオンラインで解決できるのだろうか?

インターネットを利用したこころの治療については、未だ学術的な
実証知見が乏しく、専門家の間でも賛否両論分かれているのが現状
である。東京学芸大学の田村毅教授は、その著書(※)のなかで、
電子メールやメーリングリストを利用したインターネット・セラ
ピーの利点を、「簡便性」「匿名性とプライバシー」「日常生活と
の乖離」「自己開示の容易さ」「社会的弱者への福音」「書くこと
のメリット」としている。一方で、「仮想世界の癒しが現実への適
応の橋渡しとなるのか」「面接なしの治療で正しい診断ができるの
か、医学的効果があるのか」等の疑問も投げかけている。

インターネットとこころの問題にはまだまだたくさんの課題があ
る。有害情報対策の仕組みやルールだけでは救えない青少年に、
多様な解決方法を与えることができるのもまたインターネットな
のかもしれない。

※田村 毅『インターネットセラピーへの招待』新曜社、2003年。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
【猪股 富美子(いのまた ふみこ)プロフィール】
青山学院大学大学院修士課程修了。松蔭女子短期大学、埼玉女子
短期大学、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究
支援推進員を経て現職。レイティング/フィルタリング連絡協議
会研究会委員(インターネット協会:経産省委託)、子ども白書
(日本子どもを守る会編)編集協力委員等。「ケータイにおける
有害情報対策のいま〜フィルタリングをめぐる取り組みと議論」
(子ども白書2008年版)他著書多数。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【コラムについて】
今回よりスタートしたコラムは「青少年のインターネット利用」
をテーマに、1か月に1〜2回配信していまいります(不定期)。
EMA事務局通信をご購読いただいている皆様と広範且つ深い知識
・情報を共有することにより、さまざまな角度から「青少年のイ
ンターネット利用」について考えていきたいと思っております。

コラムへのご意見・ご感想・ご要望等ございましたら、ぜひとも
以下までメールにてお寄せください。

        宛先:EMA事務局
        メールアドレス:jmk@ema.or.jp

どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------

 【EMAセミナー】『法社会学、犯罪学から見る
                「青少年とインターネット」』お申込み受付中!!

  ▼▽▼ お申込みはこちらから ▼▽▼
  https://www.ema.or.jp/application/seminar/seminar.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発信元/一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)

    〒106-0031 東京都港区西麻布1-4-38 千歳ビル3階
                http://www.ema.or.jp/
                http://www.ema.or.jp/m/(携帯サイト)

◆事務局通信の登録及び解除は下記Webサイトからお願いします。
  https://www.ema.or.jp/news/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

EMA 策定基準
認定制度・申請書類
認定情報
啓発・教育プログラム
会員お申込み
会員サイト
関連リンク
個人情報保護方針