EMAモバイルコンテンツ審査・運用監視機構
HOME > 事務局通信 > 2013年度事務局通信

EMA事務局通信404

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EMA事務局通信404                                   2013/12/10

  ■□ 【 コ ラ ム 第 35 回 】

                       『 大きな転換期 』

                 兵庫県立大学環境人間学部 准教授 / 
                     EMA賛助会員 竹内 和雄

                            □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会員及び関係者各位

モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)事務局です。
平素は当機構の活動にご協力いただき誠にありがとうございます。

EMA賛助会員である、兵庫県立大学環境人間学部 准教授 竹内 和雄
先生にご執筆いただきました、コラム第35回をお届けいたします。
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
◆◇◆
                       『 大きな転換期 』
                           ◆◇◆
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
兵庫県立大学環境人間学部 准教授 / 
EMA賛助会員 竹内 和雄

「みんな、スマホ! ガラケーなんていない」
「スマホやったらLINE使えるから、通話料いらんから結局得らし
  いで」
「フィルタリングなんて誰もしてへんし、したらLINEできへん!」

先日、故障修理で順番待ちをしている約1時間の間に、小学生3人が
携帯電話を買っていきました。私の座っていた席は、販売カウンタ
ーのすぐ近くだったので、販売員さんとお客さんの会話が耳に飛び
込んできました。聞くとはなしに聞いていると、小学生たちは、巧
みな主張で、全員スマートフォンをフィルタリングなしで買ってい
きました。

小学生の主張は多少の違いはあれ、3人ともほぼ同じでした。

  1)自分の友達は全員、スマートフォンを使っている。
  2)スマートフォンならLINEが使えて、無料通話ができ、結局
     得をする。
  3)フィルタリングをしたら、LINEが使えなくなり、損をする。

保護者は当初は、フィルタリング設定をしたガラケー購入を考えて
いたようですが、3人とも子どものいいなりになっていました。
最後の保護者は、ぎりぎりまで頑強にガラケー購入を勧めていまし
たが、娘さんに「LINEできなかったら、仲間はずれになっちゃう」
と涙目で訴えられて、「そうなの?仕方ないねぇ」とスマートフォ
ンを購入していきました。

このような会話が日本中で繰り広げられているのでしょう。スマー
トフォンの普及スピードは目を見張るばかりです。

※    ※    ※    ※    ※    ※

日本の青少年の携帯電話対策は大きな転換期を迎えています。
中高生の連絡手段はメールからLINEに変わり、フィルタリング率も
急激に下がっています。子どもたちは、携帯電話だけでなく、音楽
プレイヤーやゲーム機でもインターネットを楽しむようになってい
ます。もちろん、スマートフォンだけが原因ではないですが、この
流れはもう止められないでしょう。私たち大人は、この現状を嘆く
だけではいけないのは当然で、子どもたちと一緒に、賢い使い方を
考えなければいけない。

有史以来、子どもたちが世界中の情報を瞬時に手に入れることがで
きるのは今が初めてです。私たちの社会は、この状況に対する対処
法を知りません。

  「携帯電話会社が悪い」
  「法規制しない政府が悪い」
  「モラルを教えない学校が悪い」
  「子育ての仕方が悪い」
    ……。

巷は責任者捜しに躍起になっていますが、無意味です。
そうではなく、私たち、大人一人一人が、それぞれの立場で、でき
ることをしていくことが必要なのだと思います。今、必要な解決方
法はきわめてアナログです。スマホの問題は、心の問題だと私は思
っています。

そう考えると、それぞれが果たすべき役割は自ずと見えてくるはず
です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【竹内 和雄(たけうち かずお)プロフィール】
兵庫県立大学環境人間学部准教授。公立中学校で20年間、生徒指導
主事等を担当。寝屋川市教委指導主事を経て2012年より現職。生徒
指導を専門とし、ネット問題、いじめ、不登校等、課題を持つ子ど
もへの対応方法について研究。 文科省学校ネットパトロール調査
研究協力者、総務省「利用者視点を踏まえたITCサービスに係る諸
問題に関する研究会」青少年インターネットWG構成員、総務省近畿
総合通信局「スマートフォン時代に対応した青少年のインターネッ
ト利用に関する連絡会」座長。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 ≪コラムについて≫
 「青少年のインターネット利用」をテーマに配信しております。
 EMA事務局通信をご購読いただいている皆様と、広範且つ深い知
 識・情報を共有することにより、さまざまな角度から「青少年の
 インターネット利用」について考えていきたいと思っております。

 コラムへのご意見・ご感想・ご要望等ございましたら、ぜひとも
 事務局までメールにてお寄せください。

     宛先:EMA事務局
     メールアドレス:jmkアットマークema.or.jp

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発信元/一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)

    〒106-0031  東京都港区西麻布1-4-38 千歳ビル3階
                http://www.ema.or.jp/
                http://www.ema.or.jp/m/(携帯サイト)
                http://ema-edu.jp/     (啓発・教育ポータル)

◆事務局通信の登録及び解除は下記Webサイトからお願いします。
  https://www.ema.or.jp/news/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

EMA 策定基準
認定制度・申請書類
認定情報
啓発・教育プログラム
会員お申込み
会員サイト
関連リンク
個人情報保護方針