EMAモバイルコンテンツ審査・運用監視機構
HOME > 事務局通信 > 2011年度事務局通信

EMA事務局通信232

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EMA事務局通信232                    2011/08/23

  ■□  【コラム第6回】
               
                『 武 雄 市 で の iPad 授 業 』

   慶應義塾大学大学院 准教授/EMA審査・運用監視委員会 委員
                         菊 池  尚 人
                                                           □■             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会員及び関係者各位

いつもお世話になっております。
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)事務局です。
平素は当機構の活動にご協力いただき誠にありがとうございます。

第6回目のコラムをお届けいたします。

------------------------------------------------------------
 ◆◇◆
               『 武 雄 市 で の iPad 授 業 』
                          ◆◇◆  
------------------------------------------------------------

慶應義塾大学大学院 准教授/
EMA審査・運用監視委員会 委員
菊池 尚人


 武雄市は佐賀県の西部に位置します。武雄温泉が有名です。
私は現在、武雄市MY図書館というデジタル図書館の名誉副
館長をしています。武雄市MY図書館では、iPadを通じて一
部の蔵書が閲覧可能です。その関係で、武雄市の小学校へ電
子黒板やiPadを導入する事業に今年前半、携わりました。
これまでに、市内11小学校のうち山内東小学校と武内小学
校へ4〜6年生全員分のiPadが導入されました。もちろん、
導入されたiPadは低学年の児童も利用しています。


 最新のICTに慣れ親しみ、学習意欲を高めることが事業の
主なねらいです。公開された、二年生のかけ算の授業や六年
生の外国語活動の授業を見ると、ねらいをみたして、事業は
順調に進んでいると感じます。電子機器を授業で利活用する
メリットの一つに、児童・生徒が自分のペースで学習できる
点があります。かけ算の授業ではこのメリットが十分に発揮
されていました。さらに、教員が学習効果を迅速に把握でき
ることも大きなメリットです。他方、連続使用のための充電
は身近な問題でした。また、教材のフォーマット変換などは
授業を準備する上での煩雑な作業です。教員のほかにICT支
援員を設置することにより、この課題は解決しました。


 市役所、教育委員会、教職員、父兄など、ICT教育の推進
には多くの関係者の理解が必要です。今回の武雄市の事業で
は、関係者のみなさんがとても積極的で、iPad授業の実施に
懐疑的な空気はなく、事業は非常にスムーズに進みました。
私は法制度を研究の専門にしています。しかし、ICT教育に
関しては法律や制度を詳細に論じるよりも実例を積み重ね、
それを社会で共有すべき段階だと考えます。児童・生徒がICT
に慣れ親しみ、学習意欲が高まるように、教材開発や環境整
備が進むことを期待します。そして、学校や家で児童・生徒
が効果的にICTを利用するようになれば、安全・安心なイン
ターネット利用も同時に進む気がしています。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
【菊池 尚人(きくち なおと)プロフィール】
慶應義塾大学経済学部卒。郵政省通信政策局課長補佐を経て
現職の慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科准教授。
その他、東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ所長、違法音
楽配信対策協議会会長、一般社団法人融合研究所(You Go 
Lab)理事、社団法人デジタルメディア協会参与等を務める。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


 ≪コラムについて≫
 「青少年のインターネット利用」をテーマに配信していま
 いります。EMA事務局通信をご購読いただいている皆様と広
 範且つ深い知識・情報を共有することにより、さまざまな
 角度から「青少年のインターネット利用」について考えて
 いきたいと思っております。

 コラムへのご意見・ご感想・ご要望等ございましたら、ぜ
 ひとも事務局までメールにてお寄せください。

     宛先:EMA事務局
     メールアドレス:jmk@ema.or.jp

どうぞよろしくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発信元/一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)

    〒106-0031 東京都港区西麻布1-4-38 千歳ビル3階
                http://www.ema.or.jp/
                http://www.ema.or.jp/m/(携帯サイト)

◆事務局通信の登録及び解除は下記Webサイトからお願いします。
  https://www.ema.or.jp/news/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

EMA 策定基準
認定制度・申請書類
認定情報
啓発・教育プログラム
会員お申込み
会員サイト
関連リンク
個人情報保護方針